介護施設の選び方。ネットで見えないこともある

こんにちは。
また更新が空いてしまいました。

相変わらず忙しい毎日です。

忙しい割に、ご入居者に安全で良いサービス(ケア)を提供できていないなあと思います(人手不足とか環境面の問題とか)。

だから思います。「うちの施設には入りたくない。親は入れたくない」と。

ところがうちの施設、ネットだと割と評判いいんです。これが。

ならばと

「自分の親を施設に入れるなら、どうやって選ぶだろうか?どういうところがいいだろうか?」

を考えてみたいと思います。

介護施設を選ぶときにチェックしたいこと

まずは、どういう基準で選んだらいいのか。施設選びのチェックポイントについて考えてみたいと思います。

本人の性格・要介護度に合っているか

誰にでも、長年過ごしてきた生活スタイルがあります。

例えば、「朝食は8時から」と「朝食は8〜10時の間で」とでは、どちらがいいですか?

私の親なんかは「人付き合いが面倒」で「好きにしたい」タイプなので、前者はとても無理でしょう。でも自分で食べられない状態だったら、答えはかわるかもしれません。

365日、毎日のことです。つい「しなければならないこと」を優先しがちですが、本人のストレスにならない程度に選択できればなあと思います。

 

その施設が「どの程度の要介護度の人をメインターゲットに想定しているか」も検討したいところです。

うちの施設は元々要介護度が低い人が多かったのですが、だんだんご入居者の要介護度が上がってきて、しかも新しく入ってくる方もケアの難しい方ばかり・・・。

ところが施設の設備や人員配置は軽い人向けのままなので、現状に合っていない。だからマンパワーでフォローするしかない。それが今の忙しさやサービスの質の低下に繋がっているように思います。

今はAIを使ったケアも発展してきています。要介護度に合った環境が整っているか、というのが大事なのではと思います。

スタッフの表情

介護職は技術も必要な職種ですが、それ以上にコミュニケーション能力や心理的なケアも重要なスキルのひとつです。

コミュニケーションといっても、必ずしも双方向のやりとりができるわけではありません。忍耐も必要ですし、時にはこちらが病んでしまうのではないかと思うこともあります。

介護職も人間です。気持ちの余裕がないと、なかなか人に対して優しい気持ちにはなれません。そしてそれはサービスの質に現れます。

介護の現場は人手不足です。難しいかもしれませんが、スタッフが笑顔でいきいきと楽しそうに働いている。そんな施設を見つけたいものです。

清潔感

環境面とご入居者の清潔感もチェックしたいところです。

環境面は、設備や物品など。クリーン業者に外注している部分もあるでしょうし、食器や消耗品など施設管理部分の衛生状態も気になるところです。

ご入居者は、衣服に食べこぼしがないか、目・鼻・口の周りの汚れ、髪の乱れなど。

介護の仕事の中で、直接命や健康状態に関わることでない場合、忙しい時は特におざなりになりがちです。

清潔を保つことは、手間がかかります。ここをきちんとしている施設は信頼できるなあと思います。

「人」が大事にされているか

お客様であるご入居者を大事にしているのは、ある意味当然です。もしないがしろにされているのだったら、入居はためらわれます。

もうひとつはスタッフを大事にしているか、です。

給与・待遇面や業務改善の方向性など外からでは見えづらいかとも思うのですが、スタッフの満足度は表情に現れているのではと思います。

先ほども書きましたが、介護職も人間です。受け取るものの大きさを感じていれば、与えるものも豊かになるのではと思います。

どうやって施設を選ぶか?

では実際に施設を探すにはどうすれば?といういうことですが、検索サイトなどを活用する方が効率的です。

調べてみましたが、LIFULL介護は見やすいように思います。大手の安心感もあるのか掲載数もNo.1だとか。

あとはかいごDB(介護DB)や、みんなの介護なんかも良さそうです。 

ですが、うちの施設のようにネットだけではわからない部分も当然あります。あくまでも検索は最初の入り口として資料請求などで利用し、そこで得た情報は参考程度に頭に入れておけばいいと思います。

 

そして、大事なのは自分の目で複数の施設を見て回ることです。

今まで書いたようなことは、普段から高齢者施設を見る機会がないとなかなかわかりづらいでしょう。

「食事」「スタッフ」など定点観測で比較するのもいいと思います。

また、可能であれば体験入居もされるとよいでしょう。

24時間を過ごすことで、ご本人にとってどうなのかという部分も見えてくると思います。

遠慮することはないです。大切なご家族を預けるのですから。

うちの施設にもご家族がよく見学に来られます。体験入居の際は、通常の入居の場合と同じようにその方の情報を共有し、ケアを行います。

施設から施設への転居の場合は時間も限られていることと思います。できる範囲で最善を尽くしてあげたいですね。

 

いろいろと書き連ねてしまいましたが、実は自分ができていないことが多く、介護職としての反省の意味も込めて書きました。

大切なご家族にとって、少しでも安全で安心な場所が見つかることを願います。

ありがとうございました。