介護職の夜勤の仕事について。何するの?眠くない?

ごぶさたしています。
なんとか介護職続けています。
今日は介護職の夜勤の仕事について、書いてみたいと思います。

これから介護職に就かれる方は、気になるところですよね。

「夜勤はお給料いいけど、何するの?」
「一晩中起きてて眠くない?」

私も経験する前は、不安でしたが・・・居眠りすることなく(笑)やっています。

夜勤のスケジュール

うちの施設のだいたいのスケジュールです。
ちなみに、他の施設を経験したスタッフに言わせると、うちの夜勤はハードだそうです。排泄介助の回数が多いのと、夜勤明けの朝食後にもやることがいろいろあるかららしいですが・・・ご参考になれば。

時間 仕事内容
16:00 勤務開始
夕食食堂準備・環境整備・(翌日の)入浴準備など
17:00 申し送り・食堂へご入居者を誘導
18:00 夕食(介助)・服薬
18:30 ご入居者をお部屋へ誘導・就寝準備(パジャマへ着替える・トイレ・歯磨きの介助)
20:00 服薬・バイタルチェック
巡視・ナースコール対応・排泄介助
23:00 交代で休憩(2時間)
5:00 起床準備(洋服へ着替え・トイレ・整容の介助)・バイタルチェク・食堂へ誘導
朝食食堂準備
7:30 朝食(介助)・服薬
8:00 お部屋への誘導・歯磨きとトイレ介助
9:30 申し送り・10:00のお茶出し・環境整備・トイレ介助・記録
10:00 勤務終了

だいたいこんな感じでしょうか。

20時からが夜勤者だけの勤務になりますが、この間、シフトにしたがって何周も巡視と排泄介助を繰り返します。私なんかは毎回早めにスタートするので、今何時の巡視を回っているのかわからなくなることもあります(笑)

あと、ナースコール対応は20時からのところにしか書いていませんが、基本的に勤務時間中はいつでも対応します。内容は「トイレに行きたい」が多いですかね。介助が必要な方の。意味もなく(と言っては失礼ですが)押し続けることもあります・・・

7時に早番が出勤してくるとホッとします。なんとかスケジュール通りにいくように、事故がないように、新米介護職は必死なのです・・・

眠くないの?いつ寝てるの?

結論からいうと、大丈夫です。

私は睡眠不足が大の苦手で、普段から自他共に認める「よく寝る人」なのですが、仕事中は不思議と眠くなりません。栄養ドリンクは必須ですが。

50代の先輩方も、勤務時間中はシャキッとされてますね。ただ、仕事が終わったら急にきます。それはみんな共通なようで、もう眠いったらありません。

あと、夜勤前後の睡眠ですが、私も気になって聞いて回ったところ、これは人それぞれですね。

夕方の勤務開始なので、「前日はわざと夜更かしして昼頃起きるようにする」とか、「いつも通り起きてる」とか。私はいつも通り起きてしまうので、そこから可能な限り二度寝します(笑)

夜勤明けも様々。帰宅してすぐ寝る人。ちょっと昼寝して夜も普通に寝る人。そのまま遊びに行く人・・・あ、これは若者です(笑)

夜勤明けの次の日も休みなので、1日半かけて睡眠不足を解消しています。

夜勤はきついですが

勤務時間が長いので、どうしてもハードになりがちですが、いいところもあります。

・お給料がいい(夜勤手当がある)
・レクやイベントに参加しなくていい
・ご家族など来訪者がない

まあ、これをメリットととらえるかどうかにもよりますが。わずらわしいことは避けてお金が欲しい場合なんかは、夜勤専門なんかでもいいのではないでしょうか。夜勤1回2万円とすれば、週1回でも10万近くなりますしね。

私が登録した介護求人サイト→ ジョブメドレー

うちの施設は新人でも割と早い段階で夜勤があります。私も最初はどうなることかと思いましたが、先輩方のフォローもあってなんとかやれています。介護の仕事はやりながら覚えることが多いので、そんなものなのかもしれません。

以上、夜勤のご紹介でした。ありがとうございました。