筋トレがいいねと君が言ったから腰痛対策アプリで家トレ

腰痛でデイサービスを退職してから、半年。もうだいぶよくなりましたが最近は「腰痛にならない体作り」を心がけています。

また介護職に戻りたいので再発したら働けなくなるし、まあそもそも腰痛になるといろいろ大変なのでできればなりたくない。

 

松重豊さんが言ってたんですが、アブローラーで毎日トレーニングしてたら腰痛が治ったんですって。

やり方は、ひざをついて前にごろごろ、そのまま3秒キープ。後ろにごろごろ、3秒キープ。これを10往復1日3セット。

松重さんのアブローラーは、分解可能で持ち運びにも便利なんだとか。

こういうやつかな。

ほかにも、歩けないほどの腰痛だったのに、マラソン始めて今では立派なシニアランナーの方とか。

「やっぱり腰痛改善には運動なのね」と思わせる機会が多くあって、といってもジムは苦手だし、家トレ頑張ることにしました。

家トレアプリ3選

体は硬いし筋肉も少ない。運動習慣もないので、もっぱらアプリにサポートしてもらってます。今使っているのはこの3つ。主に腹筋・背筋・体幹トレーニングものです。

アブコア Sworkit(iTunes

「腹筋のすべて」「背筋力」「完全なコア強度」の3つのコースから時間を設定してトレーニング。動作の解説がもう少しほしいところです。

密かに「ドS」と呼んでます。1動作30秒ずつなんですが、最初は死ぬかと思った・・・

Runtastic Six Pack(iTunesAndroid

設定されたトレーニングプランをこなしていきます。有料のフルバージョンだと50日間でステップアップしていくようですが、無料だと1ステップの10日分くらい。

今のところ「ソフトS」な顔してますが、最終日は今の3倍はあるのを知っているからね。隠れ「ドS」だよね。

操作性、動作の安定、指示のわかりやすさ、3つの中ではいちばんですね。

WEBGYM(iTunesAndroid

東急スポーツオアシスのアプリ。

筋トレのほかにもストレッチやヨガなどもあって、初心者でもこなしやすいメニューが豊富です。

月額180円で全メニューが使えたりします。180円で健康が買えると思ったら安いので、そのうち入るかも。

難点はアプリの動作が安定しないこと。全体的にもっさりしていて落ちることもあります。

家トレのいいとこ

やっぱりいつでもどんな格好でもできるのがいいです。朝起きてすぐとかにストレッチをやってますが、なかなか気持ちいい。

あと、アプリを使うと秒数とか回数とかをカウントしてくれるのも大きい。アプリなしだとつい短縮してしまう。私の体内時計はどうかしてるのかと思うくらい。

腰痛はどうでしょう

前より楽です。前はサポーター的なものを巻いて外出していましたが(足腰が痛くなるので)、今はほとんど使っていません。

ウォーキングで1時間くらい歩いても今のところ問題なし。前は足が痛くなってたのになあ。

心なしか背筋も伸びた気がします。腹筋・背筋頑張ってくれているよう。

まあ継続してなんぼでしょうから、これからもこの時間は大事にしていかねば、です。

あ、タイトルのサラダ記念日風はなんかふと思い出したので。