福祉用具専門相談員講習会【3日目】

福祉用具専門相談員講習会、3日目です。1週間ぶり。早いなあ。

>>1日目
>>2日目

授業内容【3日目】

・高齢者と介護、医療に関する基礎知識(つづき)
・福祉用具の特徴と活用

いよいよ福祉用具の話に入ってきました。教室内にある福祉用具(ベッド・車椅子など)では、それらを使った講義も。でも全般的には机上学習ですね。

コミュニケーションの重要性ということで、自己紹介などのグループワークもありました。

感想

同じような車椅子の扱いやコミュニケーションのグループワークは初任者研修の授業でもあって、その時も未経験者ばかりだったのですが、今日の福祉用具の方がより未経験感が強かったような。グループワークではモジモジ感があったり。

自己紹介で判明したのは受講者は、介護職は少数派で、あとは福祉用具業者従事者、会社が新規事業で始めてその部署になった人などが大半。まあ当然といえば当然ですね。

なので介護になじみがない方もおられたわけですが、ゼロから勉強するのは大変だろうなあと思いました。それだけにやりがいがあるとも言えるのか。商品だけでなく、お客様の状態や病気の知識、他職種との連携・・・。福祉用具専門相談員について理解が深まりますね。尊敬です。

はぁ・・・座学疲れました。また明日。