「ふと」にしたがって行動してみたら超幸せだった

朝目が覚めたとき、ふと「神社に行きたいなあ」と思いました。お天気もいいし、あのしんとした空気を想像するだけでウキウキしてきます。

さて、どうしましょう?

現実的に行くことを考えだすと、もう1人の私がささやきます。

「最近また腰が痛いよね・・・行ったことないところだけど大丈夫かな」
「紅葉が有名なとこなのに青々としてる今行く?、せっかくなら半月待って見頃に行ったら?」

さて、どうしましょう?

「ふと」にしたがうことにする

今回は、この「ふと」にしたがってみることにしました。普段は頭で考えて行動することが多い私。よし、今日はとことん直感にしたがってやろうじゃないの。

フリーランス(無職ともいう)だし、こんなときだからこのそチャレンジです。

順調に目的地へ

目的地へはいくつか公共交通機関を乗り継いで行くのですが、どれも大した待ち時間もなくスムーズ。ホームに着いたら電車がいた、みたいなタイミングは今思えば不思議。

行ったのは、太宰府市のかまど神社。紅葉スポットとして有名だし、最近は縁結びの神様としても人気なんですよね。それが目的で行ったわけじゃないけど・・・ご利益は受け入れます(笑)

私好みの人の少なさ(笑) 山の中腹にあるのでもっとこじんまりしてるのかと思ったら、意外と立派。そして広い。気持ちいい。

立派な売店もあり、裏にはこんなおしゃれなスペースも。遠くまで見えて気持ちいい。そしてここも人がいない(笑)

次の行動も「ふと」にしたがう

ゆっくり1時間くらいいたでしょうか。再びバスで麓に降りて太宰府市街へ。「ふと」浮かんできたアレのために。

太宰府といえばの太宰府天満宮。こちらかと思いきや・・・

こちら目的でした。

久々の焼きたて。美味しい〜。

「ふと」にしたがった1日は超幸せだった

さて、感想です。まず、

「ふと」に気づくことは結構難しい

強敵は「せっかくなら」「もったいないから」「人気だから」という気持ち。いかに本心からやりたいわけじゃないことをやってきたかということに気づきました。

そして、「ふと」にしたがった後の満足感。「あー幸せ〜!」と何度叫びたくなったことか。

でも本当に「えーっ?!」て声に出した瞬間があって。おみくじを2回引いたんですね。普通は1回しか引きませんが、箱の中から選ぶ方のを引いた後に、生まれ年&干支で選べるのを発見して。イレギュラーだけど2回。そしたら、なんと

大吉2枚!!

えっと、私めったに大吉とか引いたことありません。しかも書いてある内容がところどころかぶってて。いや、大吉にそんなにパターンがないんだろうとも思うんですが、今の私に響く言葉が多くて、背中を押してもらった気分でした。感謝感謝です。

もひとつおまけ。この後街に行ったんですが、スタバの前を通りかかったら、超イケメンさん発見!スタバ+PC+イケメン はもう最強でした(笑)

たまにはこういう実験して、自分を知るのもいいですね。