認知症利用者さんの入浴拒否。いい方法ないかな〜

度々話題にしている、入浴拒否の強い認知症利用者Aさん。

女性の利用者さんで、私が入浴介助を担当することが多いんですが、何の拒否もないことはまれ。

何となく私のことは認識してくれているようなので、それを頼りに毎回あの手この手で挑戦しています。

ですが、今日はとりつくしまもなく、結局入っていただけませんでした。

 

先週、Aさんは珍しくデイサービスをお休みになり、今日は久々の入浴になるはずでした。

施設側としては、ぜひとも入れさせたいところ。

そういう気持ちが伝わってしまったのかなあ。。。

私以外の職員も代わりばんこにトライしてみましたが、一向に扉は開かず。

「温泉行きますよ」

「足が痛いのよくなりますよ」

「汗流しましょう」

言い方を変えてもこれまたダメでした。

 

「お風呂」がどういうものかは認識されてるんですよね。

裸になるのはうっすら覚えてる。

お風呂の中での動作も覚えてる。

水は苦手。

湯温に敏感。

湯船につかるのもちょっと怖そうだけど、湯量を減らしてフォローすればまあまあ大丈夫。

で、つかってる時は気持ち良さそう。

やっぱり「お風呂」によくないイメージを持っておられるんだろうなあ。

先輩職員と、「何か原因があるよね〜」って言ってたんですが、それがどうにも見つけられなくて。

Aさんの調子のいい時に入れればいいんですけどね。

毎日スケジュールがぎっしり入ってるんで、なかなかそうもいかない現実。

 

でもね、やっぱりAさんがいちばんつらいと思うんです。

だから、何とかしてあげたい。

お風呂は楽しいよ、気持ちいいよって思ってもらいたい。

うーん、「思ってもらいたい」って介助者側のエゴなのか?

難しいなあ。

「入りたくない」ってAさんの気持ちに寄り添うばかりが最善でもないだろうし。

明日はどうかな。

あきらめないからね。

Aさん。