【NHKガッテン!/認知症予防SP】質の良い睡眠とマインド食でアルツハイマー病を予防する

5月17日放送のNHKガッテン!は、「これが世界最先端!“認知症”予防SP」

認知症の7割近くを占めるアルツハイマー病の予防について、世界の最新研究結果が紹介されました。

脳のゴミを排出

脳が活動した時に生じるタンパク質の老廃物・アミロイドβ

この物質が蓄積することが、アルツハイマー病発祥の引き金と言われているそうです。

今までの研究では、このアミロイドβの発生や蓄積に着眼点が置かれていたそうですが、アメリカのジョン・モリス博士が着眼したのは、アミロイドβの排出について。

博士によると、アミロイドβの算出は健常者もアルツハイマー病患者も同じで、違いがあるのは排出なんだそうです。

博士は断言していました。

「アルツハイマー病は予防できます」

一方別の研究で、アミロイドβの蓄積はアルツハイマー病発症の25年ほど前から始まっているとこと。

70歳発症だと、45歳頃から蓄積が始まっていることになります。

予防できるのなら、早めに対処したいところですね。

予防のためにどうやったら効率よく排出できるのか、その鍵が睡眠だそうです。

質の良い睡眠

オランダの科学者の研究によると、一晩徹夜した人と十分な睡眠をとった人ではアミロイドβの量に明らかな差が。

徹夜したグループは量が増え、睡眠をとったグループは逆に減ったんだとか。

また、別の研究者は睡眠の質も大事だと言っています。

熟睡できている質の良い睡眠をとっている人の方が、アミロイドβの蓄積が抑えられるんだとか。

(「どの程度の睡眠不足がアルツハイマー病の発症に影響を与えるかはわかっていません」と説明がありました)

近年の研究でだんだんわかってきたのは、

脳のクリーニングタイムは睡眠中

また別の研究で65歳以上の男女を3年間調べた研究によると、

・6〜8時間の睡眠
・30分以内の昼寝

が認知症発祥のリスクが低いとのこと。

効率よく排出するのに、睡眠中はいいんだそうです。

脳神経を活性化させる

有酸素運動

弱った神経細胞を活性化するホルモンが分泌されるそうです。

また、アミロイドβを分解する酵素も増えると言われています。

コミュニケーション

特定の人だけでなく、いろんな人とおしゃべりをすると脳が活性化するそうです。

お孫さんなど小さなお子さんと会話するのもとてもいいそうですよ。

知的活動

頭を使いながら指先を動かすと脳神経が活性化するそうです。

例として、裁縫や編み物、囲碁・将棋などを挙げられていました。

すでにアルツハイマー病になっている人も、いい睡眠や脳神経を活性化させることは効果的なんだそうです。

ただ、予防対策とは違い、本人が楽しく負担にならずにやれる内容にする注意が必要と言われていました。

<スポンサーリンク>


マインド食事

アメリカで食事によるアルツハイマー病予防が研究されているそうです。

それが、マインド食事。

その研究によると、

発症を抑える可能性のある食材
・野菜
・ブルーベリー
・ナッツ
・魚

など。反対に

食べ過ぎに注意した方が良い食材
・お菓子
・バター
・ファストフード

など。

これをしっかり実行した人はそうでない人に比べ、アルツハイマー病の発症が53%も少なかったんだとか。

バランスの良い食事って大切なんですね。

まだこの研究は始まったばかりで、内容もアメリカ版の食材しかないそうで、日本版はこれからだそうですが、今の段階で言えるのは、

減塩

脳の血管を丈夫にするのに大事なんだそうです。

そういう意味で食事は、脳のゴミを排出するのにも、脳神経を活性化させるのにもとても大事な要素だそうです。

まとめ

日々介護職として認知症の方に接していますが、ご家族の負担やご本人のもどかしさ・つらさを考えると、予防でどうにかなるのならそうしたいと思います。

睡眠が大事といっても、年とともに眠れなくなっていく方も多いです。

眠るためには運動したい、運動するためには健康でいたい・・・と結局は日々の積み重ねなのかもしれませんね。

我が身を振り返って、なかなかできていない現実にこれじゃいかんなあと思った次第でした。

今日紹介された研究は、まだまだ途上の段階でこれからも実証が必要だそうですが、今後の医学の進歩に期待したいところです。