初めてのGoogleアドセンス審査。私はこれで通過しました

いつも介護についての記事が多いこのブログですが、今日からはブログ運営(アフィリエイト)についても書いていきたいと思います。

といっても、勉強中で成果も小さいのであまりご参考にならないかもしれませんが・・・^^;

こういうも風に収入を得る方法もあるんだよということをお伝えできればと思っています。よかったらおつきあいくださいませ。

さて、最初の記事は、Googleアドセンス審査について。

仕組みや手続き方法は多くの方がわかりやすい記事をたくさん作ってくださっているので割愛させていただいて、ここでは私の審査申請〜通過までをご紹介します。

結論からいうと、1回落ちました。初申請〜通過までは17日間です。

こんな感じでも合格するんだなあと思って読んでいただければ幸いです。

初申請

申請時のデータ

  • 申請ブログ:このブログ
  • 記事数:11
  • 1記事あたりの平均文字数:2300文字(Min1100)
  • 画像、広告:なし
  • プライバシーポリシー、問い合わせページあり

審査に際し事前に調べた範囲では、アドセンス審査は厳しいとのこと。しかも記事数や文字数など、これならはっきり合格できるという数字がないようです。

必須とされている「プライバシーポリシー・問い合わせページ」は作成し、記事数は調べた中で最少だった10を超えたところで申請しました。

「画像なし」は、たまたまです。遅筆なのと介護の仕事を始めたことが重なって、画像を選ぶ時間が惜しかったっていう理由です笑

一次審査?二次審査?

少し前までは、一次審査があり、承認メールがきた後、広告コードをサイトに貼って二次審査・・・という流れだったようですが、私はこれでいうところのいきなり二次審査でした。

申請者情報などを登録し、広告コードをタグの後に貼って結果待ち、という状態。

コード貼り付け後は、Googleのサイトが「お客様のサイトを審査しています。審査には最大3日かかります。

完了後はメールでお知らせします」というような案内に変わりましたが、3日経っても一向にメールが来ません

不安になって調べてみると、3日間で連絡が来ないのは珍しくないらしく、中には1ヶ月かかったなんて記事もありました。

申請後の記事作成

「申請後はできるだけ毎日記事を書いた方がいい」との記事を多く見かけたので、それを目標にしましたが、実際には17日間で8記事。

2日で1記事、1記事あたりの平均文字数は1600文字でした。仕事しながらだったので、明らかに文字数が減ってますね。

前述のように介護の仕事を始めた時期とちょうど重なってしまったので、ちょっときつかったです・・・計算弱いなあ笑

不承認:8日目

Googleから待ちに待ったメールが来ました。開いてみると・・・

サイトは審査不能

の文字が。

サイトがダウンしているか、表示できない状態」とあります。

えーっ?!と思って確認してみると、確かに。落ちてる(汗)。

実はワードプレスの新しいプラグインを入れたんですが、どうやらそれが原因で。

一応その時点では稼動確認したんですがダメだったようです。

でもそのプラグインを停止したらすぐに復旧したので一安心。

復旧後、即再申請しました。

ネットで調べたところでは、「審査落ちたら再申請まで最低2週間はあけた方がいい」との記事もありましたが、何せ審査NGの理由が理由なもので、落ちてるサイトを放置しておく方がダメだろうと思い、復旧後すぐに再申請しました。出勤前の早朝でしたが、あれは目が覚めたなあ^^;

教訓は、申請中は冒険しない。いろいろやりたくなりますが、ひたすら記事作成に集中しましょう。

<スポンサーリンク>


通過:17日目

仕事の忙しさもあって申請したことをすっかり忘れていたころに、Googleからメールが来ました。

開いてみると、「おめでとうございます!アカウントの承認手続きが完了しました。」の文字が。

やったー!審査通過です!!

この時点で、19記事。1記事あたりの平均文字数は、1900文字でした。

広告をはる

喜んでばかりはいられません。ここからが本当のスタートです。

通過はしたものの、最初はGoogleのサイトの意味がわからず一苦労。またもネットで調べまくりました。

合格メールをもらったのが夜21時半頃だったので、その日はサイドバーくらいしか貼れませんでしたが、次の日の朝確認してみると、1円発生!(このブログじゃないですが)

一般的にアクセス数に比例するアドセンス収益(間違ってたらゴメンナサイ)。俄然やる気が出てきました。

まとめ

実は前々からアドセンスを貼りたくて、申請用の新しいブログを作成するつもりだったんですが、それがなかなか進まなくて。だらだら時間が過ぎていき、ようやく本腰を入れたのが4月の始めのこと。

なので素直に嬉しいんですが、前述したようにここがスタート。読者の方に喜んでいただけるようなブログ運営を目指したいと改めて感じています。

ありがとうございました。