好きなことがわからない人生。それでもいつかつながる日が来る

こんにちは。

突然ですが、自分の好きなことを知っていますか?

好きなこと。筆者はずーっとわかりませんでした。自分のことなのにね。

好きな食べ物とか好きな人とかなら言えます。

でも仕事にできるような好きなこと、夢中になれるような好きなこと、となるとよくわからない

それって時に苦しいんですよね。

なぜなら、生き方に関わることだから

今を行動するエネルギーがぽかーんと空洞になっているような感覚って結構つらいもんです。

でもね。いろいろ試行錯誤してきて、ようやく最近わかるようになってきました。

結局全部つながってたなあって思います。

だから無駄なことはない。大丈夫!

今日はそんな記事を書きたいと思います。

試行錯誤。抜けられないトンネル

私は、当時の仕事に行き詰まりを感じたことがきっかけでした。

じゃあ何をやりたいだろう?と自分に問うてみましたが、ピンときません。

そりゃそうだ、私は小さい頃からやりたいことのない人間だったんです。

いえ、正確にはやりたいことがないんじゃなくて、自分の心にブレーキをかけてたんですね。

長い間そんなことをしていると、自分の好きなことって心の奥底に沈んでしまうんですよね。。

試行錯誤のトンネル。こんな感じでぐるぐるしてました。

自分のことがわからない

私は昔から何かに夢中になるということがありませんでした。

器用貧乏でそつなくこなす、みたいなタイプ。

あー、書いててほんと悲しい笑 だから急に好きなことやろうと思ってもわからないんです。

でもね、そもそも自分のことを100%わかる人っているんだろうか?

考えに考え、ふとそんなことを思いました。

やってみるけど続かない

考えてもわからないから、何となくでも興味があることはやってみることにします。

でもですね、続かないんですよ。

飽き性なのもあるかもしれませんが、今思うと「何をおいてもこれをやりたい」「これをやっていると時間を忘れる」というものはなかった

こういう時期がしばらく続きました。

習い事してみたり、資格取ったり、セミナーに行ってみたり。お腹がすいた子供のようでした。

お金もそれなりにかかりましたね。

でも自分の軸がない時って選択も上手にできないです。

正解がわからない。だから今だったら、ここにお金は使わないなあと思うものも正直あります。後悔はしていませんが。

私ってダメ人間?

自分のこともわからない、やってみても続かない、となると、どんどん自分への期待が薄れてきます

それでなくても、悩み迷っている最中。このトンネルは永遠に続くのか・・・と感じる時も。自己否定に向かいましたね。自分のこともわからない自分なんてダメ人間だー、と。

そんなことはありません。大丈夫。

トンネルは長く感じますが、人生のスパンで見るとそうでもありません。考えたり経験してきたことは血肉となります。大丈夫。

<スポンサーリンク>


好きなことを見つけるためにやってみたこと

好きなことがわからない自分を認める

まずは自分を責めることをやめて、まるっと受け入れることにしました。

「わからなくてもいいよー」
「今まで考えてなかったんだから、わからないのも当然だよー」

って。

「自分のことがわからない」の項でも書きましたが、そもそもわからないもんです。

一生わからない、多分。

だから大丈夫だよーって自分に言ってあげたい。今まで生きてきた自分に優しくしてあげたい。

まずスタートはそこからでした。

嫌いなことを書き出してみる

これは、自己啓発によくある「好きなことを書き出すワーク」の嫌い版です。

好きなことがわからない状態で好きなことを100個書きましょうと言われてもなかなか難しいんですよね。

そんな時に「嫌いなことを書き出しましょう」のワークに出会い、意外と書けた覚えがあります。

好きと嫌いは対ですから、嫌いがわかればひっくり返せばいい

コツはとにかくたくさん書き出すことと、紙に書くこと

もう無理!と思った頃に意外なワードに出会うかもしれませんよ。

好きなことを書き出してみる

好きなこと書けそうだったら、嫌いなことではなくまっすぐこちらをやってみても。

やり方は嫌いなことと同じ。とにかくたくさん書き出しましょう。

あと、好きなことがあるとして、それのどこが好きなのかも分析してみたりもしました。

例えば私の場合、当時の仕事で好きだったものの1つがユーザー先での作業。そこにはいろいろな要素があるわけで、例えば、

・お客様との会話
・自由裁量の程度
・移動時間
・問題解決

などが割と好きだったこと。

どの要素が好きなのかわかれば、その要素を膨らませて展開させていくと面白いです。

お客様との会話が好きというのであれば、接客業でもいいだろうし、自由裁量がきく仕事がいいというのであれば、1日中社内作業で一定量こなすというのは楽しくないかもしれない。

ちなみに私は当時事務職だったんですが、これをやって事務職向いてないなと悟りました笑

できること・得意なことと好きなことを分けてみる

私の場合、これが結構難しかったです。

ある程度生きていると、できることは増えているし、得意なことって評価されるので好きなことと勘違いしやすいんですよね。

もちろん求められたもので生きていくという考え方も大賛成です。それを自分の生き方として選べるって、筆者も最終的にはそうありたい。

ただ、自分の「好き」を選ぶ時には分けて考えました。

好きなものは上手下手関係なくやっていられるものだからです。

日々の生活の中で好き・嫌いを意識する

なんとなく自分の好き嫌いがわかってくると、日常生活でも意識するようにしました。

例えば買い物。好きだから買うのか、買った方がいい・お買い得だから、で買うのか。

意外と直感で選んだ方を買っていることって少ないんですよね。

もちろんお財布は有限ですから、可能な範囲での選択になりますが、できるだけ、第一印象でいいなと思ったものを買うようにしました。

それで思ったのが、自分の行動がいかに多くの「べき」「ねば」という勝手な思い込みに縛られていたのかということ。

そう、勝手なんです。自分が良かれと思ってやていることは、案外誰かにとってはよくないことだったりする。本当、迷惑なやつです笑

好きを選んで行動する

前項でも書いたように、可能な範囲で「好き」な方を選びます

自己啓発系の本なんかには、可能な範囲でじゃなく「とにかく自分の感情にしたがって好きなものを選ぶ」なんて書いてありますが、筆者はまだそこまでできません。。。

徐々にでいいんじゃないかなあと思います。自分のペースで。無理して不快になるよりは。

ただね、どっかでえいやーってジャンプする時はくると思います。小さな「好き」を選んでいたら、大きな「好き」も選べそうな気がします。

その時は思い切ってジャンプしましょう。

<スポンサーリンク>


好きなことがわかる

無駄なことはなかった

いろいろ試して経験して、どこに向かってるのかわからないながらも模索をやめないでいると、「あ。このためだったのか」と思える日が来ました。パズルのピースが合うように。

私の場合は、今ブログなどのネット作業をとても楽しんでます。

新し物好きで、PC作業が好きで、自分のペースでできて、CSSちょっと勉強したことがあって・・・みたいなことがこの作業だとピタッとかみあうんです。

というか、どう活かすかなのかな。好きなことを決めたら、今までやってきたことをどう反映させるか。

選んだことを正解にするのは自分自身です。

そういう意味でも選ぶのは好きなことにこだわりたい

かけるエネルギーが違います。

夢中になれるものがある素晴らしさ

これ、本当にびっくりしました。

なんせ夢中になることが今までなかったんで全てが初体験笑

まず時間の密度</span>が違います。集中とか最も苦手な筆者ですら、いつの間にか時間が過ぎている。

それで成果物があったりすると、もう達成感はんぱなーい!です。

これがずっと続くとどうなるんだろう。考えただけでも血が踊ります。

それと、好きなこと以外のことにかける熱量も違いますね。

ブログを書くために早めに起きてあれしてこれして・・・っていう場合もあるし、ブログ作業後もテンション高いまま家事するとすごくはかどります笑

つまり、全体のモチベーションが上がるので、その時間を積み重ねて人生のレベルで考えると末恐ろしいことになりそうな予感。

もう全力で好きなことに時間を費やそうと思っています。

まとめ

筆者は今好きなことを見つけた気持ちでいますが、もしかしたら他に出てくるかもしれないし、先のことはわかりません。

でもなーんにも無駄にならないし、どこかでつながっているんだと思うようになって、経験することが楽しくなりました。途中でやめてもね。

いちばんのリスクは行動しないことなんて言われますが、本当その通りなんですよ。だからどんどん楽しんでいきましょう。

ありがとうございました。